ここから本文です

その名は「ロボート」=世界初の自動運転艇導入へ―アムステルダム

時事通信 9月21日(水)7時3分配信

 【ハーグAFP=時事】オランダ・アムステルダムの象徴である運河に来年、「ロボート」と呼ばれる世界初の自動運転ボートがお目見えする。

 人やモノの輸送のほか、運河の底に沈む投棄自転車の回収への活用が期待されている。

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)と地元研究機関は来年、最初の試作ボートを導入。MITはこの研究に2000万ユーロ(約22億7000万円)を提供した。

 複数のボートをつなげて運河を横断する臨時の橋とすることも可能で、人が集まるイベント開催時の混雑緩和に役立つ。地元研究者は「ロボートは非常に多くの可能性をもたらす」と説明。「運河に浮かぶごみを除去できるほか、毎年1万2000台に上る投棄自転車の処理に、より効果的に対応できる」と語った。 

最終更新:9月21日(水)9時17分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。