ここから本文です

銀杏BOYZトリビュートアルバム、12月発売決定。大物アーティストから若手まで、垂涎の13組が参加

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/21(水) 15:07配信

大物アーティストから若手まで、それぞれの“銀杏BOYZ”の解釈が刻まれた、夢のトリビュートアルバム『きれいなひとりぼっちたち』が、12月17日にリリースとなることが発表された。

【詳細】他の写真はこちら

2003年に前身であるGOING STEADYが突如として解散、その後、銀杏BOYZ結成。その狂気的で破天荒なライブパフォーマンスと、クオリティ高き楽曲の溶け合いが最大の魅力の銀杏BOYZ。もはや“ロックバンド”というよりも“エンターティンメイント集団”と形容しても過言ではない。

圧倒的かつロマン溢れる表現は、たくさんの若者のハートに「ドキッ!」という、ときめいた衝撃音を与え、多くの求心を得ている。

2005年に、2枚同時発売されたアルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』『DOOR』が週間チャートでそれぞれ初登場5位、7位という記録を打ち出し、10年以上経った今も、名盤として輝き続けている。

そして2014年、9年ぶりにリリースされた「光のなかに立っていてね。」「Beach」が週間チャート初登場2位と4位にランクイン。そして、当アルバムを最後に峯田和伸(vo&g)以外のメンバーが脱退を発表。

2016年、シングル「生きたい」を発表後、サポートメンバーを引き連れ、5年ぶりとなるツアー『世界平和祈願ツアー2016』を駆け抜ける。

とんでもなく強烈な殺傷と多幸が同居する、類を見ない彼らの楽曲を改めて料理するのは、オーバーグラウンドからアンダーグラウンド、様々なジャンル、シーンで活動する精鋭アーティストたち。それぞれの銀杏BOYZの解釈が刻まれた、夢の円盤の制作が旗揚げされた。

トリビュートCD『きれいなひとりぼっちたち』のタイトルは、リリー・フランキーと峯田和伸が考案。「銀杏BOYZトリビュート プロジェクト始動」アイコン写真は銀杏BOYZのジャケット写真でお馴染みの写真家、川島小鳥撮り下ろしによるもので、トリビュートCDのアートワークも川島小鳥の写真が使われる予定だ。

なお、同じく12月7日には、川島小鳥による「川島小鳥・銀杏BOYZトリビュート写真集(仮)」の発売も決定。すべての銀杏BOYZ &GIRLZへ贈る15年間の愛と夢。写真家・川島小鳥が撮影した少女たちが一同に介する、珠玉の写真集となる。

2007年頃から現在に至るまで、銀杏BOYZのCDジャケットとなった、川島小鳥による少女たちのポートレートが1冊の写真集に。実際には使用されなかった2,000枚以上の未公開写真から、再編集が行われる。銀杏BOYZ峯田和伸による寄稿文も収録予定だ。また、12月6日(予定)には「銀杏BOYZ ぴあ」も登場。

リリース情報
2016.12.07 ON SALE
Various Artists
ALBUM『きれいなひとりぼっちたち』

<参加アーティスト:あいうえお順>
麻生久美子 / 夢で逢えたら
安藤裕子 / なんとなく僕たちは大人になるんだ
クボタタケシ / ぽあだむ クボタタケシ REMIX Version I
クリープハイプ / 援助交際
GOING UNDER GROUND / ナイトライダー
THE COLLECTORS / YOU & I VS. THE WORLD
サンボマスター / NO FUTURE NO CRY
sebuhiroko / BABY BABY
曽我部恵一 / 夜王子と月の姫
ミツメ / 駆け抜けて性春
YOUR SONG IS GOOD / あいどんわなだい
YUKI / 漂流教室
YO-KING / 東京

※sebuhirokoの「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

ユニバーサル ミュージック 銀杏BOYZ トリビュートサイト
http://www.universal-music.co.jp/gingnangboyz-tr/

銀杏BOYZ OFFICIAL WEBSITE
http://www.hatsukoi.biz/

最終更新:9/21(水) 15:07

M-ON!Press(エムオンプレス)