ここから本文です

iPhone7の製造コスト、従来機上回る=IHSマークイット

ロイター 9月21日(水)9時10分配信

[20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」の製造コストが従来機の「6S」を上回っていることが分かった。IHSマークイットが実機を分解調査した試算を示した。容量の大きいバッテリーやストレージの搭載などでコストがかさんだもようだ。

IHSマークイットによると、基本的な製造コスト5ドルを含む、「7」の製造コストは224.80ドル。「6S」の製造コスト(IHSマークイット試算)よりも36.89ドル高い。

またIHSマークイットの分析によると、「7」の部品原価(BOM)は、ライバルで韓国のサムスン電子<005930.KS>と「ほぼ同等」の水準。ただ、アップルの方がマージンが高いという。

IHSマークイットでコスト分析を担当するアンドリュー・ラスウェイラー氏は「アップルのマージンは依然としてサムスンを上回っているが、部品原価は従来と比べて上がっている」との見方を示した。

※英文参照番号[nL3N1BW4D7](契約の内容によっては英文がご覧いただけない場合もあります)

最終更新:9月21日(水)9時10分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]