ここから本文です

モラタ、チェルシーの75億円超オファーを認める 「それでもレアル残留が僕の夢だった」

GOAL 9月21日(水)6時21分配信

レアル・マドリーFWアルバロ・モラタは、今夏チェルシーから破格のオファーが届いていたことを認めている。

マドリーは今夏、3000万ユーロ(約33億円)の買戻しオプションを行使してユヴェントスからモラタを復帰させた。フロレンティーノ・ペレス会長は当初、モラタを転売することを目論んでいたとされる。

だがユーロ2016での活躍などもあり、ペレス会長をはじめレアル首脳陣はモラタを残留させる決意を固めた。ジネディーヌ・ジダン監督が同選手を構想内としたことも大きかったようだ。

今季からチェルシーで指揮を執るアントニオ・コンテ監督は、2014年にユヴェントスでモラタ獲得を望んだ監督である。モラタはドイツ『シュポルト・ビルト』でチェルシーがマドリーに7000万ユーロ(約78億円)の移籍金を提示していたことを明かした。

「コンテはユヴェントスを率いていたときに僕を獲得した。チェルシーはレアル・マドリーに7000万ユーロのオファーを出したんだ。受け入れていれば、僕は史上最高額のスペイン人選手になっていた」

「マドリーは僕を構想に含めているとチェルシーに説明した。それがずっと僕の夢だったんだ」

GOAL

最終更新:9月21日(水)22時47分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]