ここから本文です

【神戸新聞杯】ミッキーロケット 自慢の末脚で実績馬の壁突破だ!

デイリースポーツ 9/21(水) 6:03配信

 「神戸新聞杯・G2」(25日、阪神)

 自慢の末脚で春の既成勢力を驚かす。ミッキーロケットは夏の北海道シリーズに参戦して3戦2勝。一戦ごとに力をつけ、再び重賞戦線に駒を進めてきた。春は皐月賞に出走するも13着と完敗。久々に同世代の一線級が相手だが、使われてきた強みを生かして上位争いに食い込む。

 ひと夏越して、たくましくなってクラシック戦線に帰ってきた。ミッキーロケットが、4戦ぶりの重賞挑戦で初Vを狙う。春は1勝馬の身で、果敢にスプリングS(5着)から皐月賞(13着)に挑戦。結果が出なかっただけに、音無師は「春はクラシックを狙える使い方をしたが、ゲートを出ないことばっかり。いいジョッキーも乗せていたのに」と唇をかむ。秋の反撃にかける思いは相当に強い。

 夏は賞金加算を目的に、北海道シリーズに参戦。師が「1戦多い」と振り返るように、2走前こそ2着だが、あとの2戦はしっかりものにした。古馬にもまれ、磨きをかけた末脚。「北海道は小回り。阪神や京都になるこの秋は、馬にとって走りやすいだろう」。自慢の決め手が生きる直線の長いコースで飛躍を目指す。

 ゲート難が解消されたわけではないが、「(G1以外で)大崩れはない。ゲートを出たときは結果も出ている。距離が長いし、序盤ゆったり構えて乗れるのは悪くない」と距離延長を前向きに捉える。14日の栗東坂路で4F50秒8の自己ベストをマーク。「やり過ぎ」と苦笑いするものの、目下の充実ぶりの証明とも言えるだろう。

 厩舎の先輩・オウケンブルースリは、08年に1000万下を勝利し、神戸新聞杯3着から菊花賞を制した。「あの時は本番もレース前から力が入った。みんな別路線に行って、サトノダイヤモンドみたいな強い馬はいなかったから。今年は違う」。慎重な師のジャッジをいい意味で裏切れるか。父キングカメハメハとの親子制覇で、一気に3歳牡馬路線の勢力図を塗り替える。

最終更新:9/21(水) 8:34

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。