ここから本文です

格闘ゲーム複数タイトルの対戦&交流会“Drunkards2”に潜入! 飲んで遊べる格ゲーイベントの模様をリポート

ファミ通.com 9月21日(水)15時32分配信

●格闘ゲーム複数タイトルを同時に楽しめるイベント
 2016年9月17日、東京・秋葉原のe-sports SQUAREにて、格闘ゲーム複数タイトルの対戦&交流会“Drunkards2”が実施された。

 “Drunkards”は、格闘ゲームイベントを不定期開催しているコミュニティー団体“たまにはブレイクスパイラル”が主催。格闘ゲーム複数タイトルを扱い、メインゲームを異にする格闘ゲームプレイヤーたちが交流することをテーマとしているイベントだ。成人であればお酒を飲みながらプレイでき、アルコールの力を借りていろんな人とコミュニケーションをとりながら楽めることがウリになっている。
 その第2回目となる今回は、メインタイトルとして『ストリートファイターV』(以下、『ストV』)、『ギルティギア イグザード レベレーター』(以下、『GGXrdR』)、『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』(以下、『KOF14』)の3タイトルを採用。会場のe-sports SQUAREにはそれぞれのプレイステーション4版やパソコン版の実機が持ち込まれ、フリープレイの対戦台が数多く設置された。

 現地は12時30分に開場となり、事前に公式サイト上で参加を表明していたメンバーたちを中心に来場。会場は22時まで解放されており、参加希望者はフルタイムではなく自分のタイミングで来場しやすくなっていたようだ。
 イベント中は自由な対戦や交流が楽しまれるのと同時に、各タイトルのトーナメント大会を実施。大会には、世界大会“EVO2016”『GGXrdR』部門覇者・まちゃぼー選手や、格闘ゲームイベント団体“GODSGARDEN”の発起人・総師範KSKさんといった大物プレイヤーがゲストとして登場。選手として出場して対戦模様を披露したり、マイクを握っての解説に加わるなど、会場や生放送を盛り上げた。

※大会のタイムシフトはこちら

 野試合、飲食、交流、腕試しなど、様々な要素が盛り込まれた“Drunkards2”は大盛況のうちに終幕。“たまにはブレイクスパイラル”は、こういったイベントを不定期開催しているようなので、興味のある人は公式サイト(→こちら)をチェックしてみてはいかがだろうか?

最終更新:9月21日(水)15時32分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。