ここから本文です

<営業部長 吉良奈津子>松嶋菜々子主演ドラマきょう最終回 どうなる営業開発部? 夫との関係修復は?

まんたんウェブ 9月22日(木)9時0分配信

 女優の松嶋菜々子さん主演の連続ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)が22日、最終回を迎える。営業開発部の存続がかかった大手コンペと同日に東邦広告の身売り同然の合併が決定するという情報に困惑する部長の吉良奈津子(松嶋さん)。営業開発部の危機を奈津子は救えるのか? また、原田泰造さん演じる夫・浩太郎との関係は修復できるのか?

【写真特集】営業開発部はどうなる? 最終回の場面写真

 ドラマは、松嶋さん演じる広告代理店「東邦広告」の売れっ子クリエイティブディレクター・吉良奈津子が、産後、育児休暇を経て3年ぶりに営業部長として職場復帰したことをきっかけに起こる問題と向き合いながら、仕事と家庭を両立させるために奮闘する……という物語。松田龍平さん、松原智恵子さん、伊藤歩さん、石丸幹二さん、板尾創路さん、DAIGOさんらも出演している。

 最終回は、「シティドリンク」のコンペ当日に臨時の役員会が開かれ、そこで東邦広告の合併が決定するという情報に奈津子は困惑。そんな奈津子はついに浩太郎と向き合うことに。気まずい雰囲気が漂うなか、浩太郎は坂部深雪(伊藤さん)との件を説明するが……。別の日、出社した奈津子は、常務の斎藤(石丸さん)の元へ出向き、営業開発部がコンペに勝ちノルマを達成したら、廃部撤回を社長に進言するという約束を守ってくれと念を押す。プレゼンが迫るなか、米田(板尾さん)、川原(岡田義徳さん)、今西(中村アンさん)ら営業開発部員は、一丸となって準備に奔走していた。そんな部員たちを見た奈津子は……というストーリー。22日午後10時放送。

最終更新:9月22日(木)9時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。