ここから本文です

沖縄の「光と色」収録 写真家・藤代さん 風景写真集を出版

琉球新報 9月21日(水)17時47分配信

 ミスターチルドレンや広末涼子さん、嵐、元AKB48の大島優子さんらの撮影を手掛ける写真家、藤代冥砂(めいさ)さん(49)=北中城村=がこのほど、沖縄で撮影した写真だけで構成する、自身初の風景写真集「あおあお」を出版した。藤代さんは「沖縄にしかない『祈りの雰囲気』に大きな影響を受けた。沖縄で撮ることができた光や色をまとめた写真集になった」とアピールした。


 週刊朝日の表紙撮影を7年にわたって撮り下ろすなど、東京を中心に活動していた藤代さん。2011年の東日本大震災とそれに伴う福島第1原発事故を機に、神奈川県から沖縄に移り住んだ。それ以降、5年余りの沖縄生活の中で撮りためた写真をまとめた。

 波しぶきや海に差す虹、沖縄の土から見え隠れする石灰岩など藤代さんが感じた「光」や「色」が104ページにわたって収録されている。


 沖縄をテーマにした写真集で収録されることの多い「米軍基地」は「あおあお」にはない。「内地から来て、沖縄で撮影するカメラマンに向けられる目は厳しいと思う」。藤代さんはそう語った上で「『反戦』と『平和への祈り』のゴールは同じ。どちらかの言葉を使うなら、僕は『平和への祈り』を使いたいと思った」と述べ、ファインダー越しに見詰めた沖縄の風景に自身の平和への祈りを重ねた。

 藤代さんは「海水が岩にぶつかったときに何かが生まれているんじゃないかという感覚があって、そこに『祈りの場』を感じ取ることができた。自分が思わず手を合わせたくなった瞬間を撮らせてもらった。ある意味で『神様』写真集でもあります」と写真集の特徴を語った。(当銘寿夫)

(2016年9月21日 琉球新報掲載)

琉球新報社

最終更新:9月21日(水)17時47分

琉球新報