ここから本文です

GoogleマップのAndroid版、“現在向いている方角”表示を▲からビームに変更して精度も表現

ITmedia ニュース 9月21日(水)12時9分配信

 米Googleは9月20日(現地時間)、Android版「Googleマップ」をアップデートし、現在いるポイントを示す青い円のデザインを変更したと発表した。

向いている方角があまり正確ではない場合とやや改善した場合

 従来は、向いている方向を矢印で表現していたが、これを懐中電灯のビームのようにした。懐中電灯を向けている方向が、自分が向いている方向だ。

 このビームの幅が狭いほど、精度が高いという。Googleマップの現在地と向いている方向は、端末のセンサーやGPS、Wi-Fiアクセスポイントなどのデータに基づいているが、例えば端末の充電中や金属製の柱のそばを歩いている場合などには正確に表示できない。そのような場合はビームの幅が広く表示される。

 Googleによると、ビームの幅が広い場合、端末を何度か八の字に回すと精度が修正されるという。実際にやってみたところ、少しビームの幅が狭くなった。

最終更新:9月21日(水)15時17分

ITmedia ニュース