ここから本文です

東京円、小幅な値動き

朝日新聞デジタル 9月21日(水)10時28分配信

 21日の東京外国為替市場の円相場は、日本銀行の金融政策決定会合を控え、小幅な値動きとなっている。午後1時時点の対ドルは、前日午後5時より23銭円安ドル高の1ドル=101円91~95銭。対ユーロは、同24銭円高ユーロ安の1ユーロ=113円66~69銭。

 日銀はこれまでの政策の「総括的な検証」を行う金融政策決定会合を21日まで開く。会合の結果は21日昼ごろに公表される見通しで、これまでの政策をどう検証し、追加緩和策を打ち出すか、市場は注視している。「会合の結果を見極めようと、積極的な取引を控える投資家が多い」(大手銀行)との声があがっている。

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)13時10分

朝日新聞デジタル