ここから本文です

〔東京株式〕300円超上昇(21日、続き)☆差替

時事通信 9月21日(水)16時0分配信

 朝方は利益確定売りが広がっていたが、日銀金融政策決定会合の結果発表を受けて円安・株高が進んだ。日経平均株価は乱高下の後、プラス圏で安定。徐々に買い姿勢が強まり、上げ幅は一時330円を超えた。
 政策金利据え置きのほか、東証株価指数(TOPIX)連動型の比重を増やす上場投資信託(ETF)購入方法の修正や、長期金利の0%誘導が好感されたとみられる。金融関連株の急伸につながり、全体を押し上げた。
 ただ、取引終了後には黒田東彦日銀総裁の会見に加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表が控える。市場関係者からは、「長期金利の上昇につながる今回の決定に海外市場がどう反応するか気掛かり」(銀行系証券)との声もあり、様子見気分から大きく上値を追う展開にはならなかった。

最終更新:9月21日(水)18時27分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]