ここから本文です

<乃木坂46白石麻衣>「ウシジマくん」で女優業に意欲 初キスシーンも「成長につながった」

まんたんウェブ 9月22日(木)9時0分配信

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが出演する映画「闇金ウシジマくん Part3」(山口雅俊監督)が22日、公開された。違法な高金利で金を貸す金融会社と、債務者たちの姿を軸に、億単位のマネーゲームを描く今作。ヒロイン役で初のキスシーンにも挑戦し、「成長につながったと思う」と語る白石さんに撮影の裏話や、女優業などについて聞いた。

【写真特集】短めスカートの全身カット まいやんが大金を握るシーンも

 ◇出演オファーに不安 「演技経験少ないのに…」

 「闇金ウシジマくん」といえば、違法な高金利で金を貸すカウカウファイナンス社長の丑嶋(ウシジマ=山田孝之さん)が、不良債務者たちを容赦なく追い込む姿がリアルに描かれる。白石さんは「ハードで危険な世界のイメージがありますが、パート3でも、思わず笑ってしまうようなユーモアがあるシーンもあります。台本を読んだときは、ハラハラドキドキがすごかったですが、完成した作品を見て、すごく面白いと感じました」と笑顔を見せる。

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名マンガが原作で、これまでに3度にわたって深夜に連続ドラマ化、2012年、14年に劇場版が公開された。映画の第1弾には元AKB48の大島優子さんも出演しており、白石さんは「そのような作品に出演することができて本当にうれしかった」とにっこり。「でも、オファーの話を受けたときは、演技の経験が少ないのに大丈夫かなって不安もありました」と明かす。

 ◇初キスシーンに緊張 女優業「もっと頑張りたい」

 白石さんが演じたのは、人生の一発逆転を狙って億単位のマネーゲームに身を投じていく派遣社員の沢村真司(本郷奏多さん)を応援するタレントの麻生りな。「私とは正反対の性格のキャラクターで、とても芯が強く、積極的で自分から行動を起こしていくタイプ。私にはなかなかまねできないので、女性としてかっこいいと思いました。夢に向かって頑張っていく姿には共感できました」と語る。

1/2ページ

最終更新:9月22日(木)9時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。