ここから本文です

ドリカム中村正人、ブログでMACOを絶賛。「もうカバーなんて言う必要もありません」

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/21(水) 16:43配信

本日 9月21日、MACOの2ndアルバム『love letter』が発売となった。昨年11月の1stアルバム『FIRST KISS』から約10ヵ月ぶりのリリースとなる待望作。収録楽曲は、今年1月より放送されたTVドラマ「東京センチメンタル」で自身初のTVドラマ主題歌「恋心」「恋人同士」「love letter」、そしてアルバムリード曲でもある珠玉のバラード「手紙」を含む全12曲。

【詳細】他の写真はこちら

昨日20日は入荷日ということもあり、フライングゲットしたファンから「今回のアルバムは、想いが一つひとつに込められてるから、聴いてて気持ちが伝わってくる。涙が自然と出てくる」「起きてからもずっと聴いてる!」「待ちに待ったMACOちゃんのアルバム。すごくいい曲ばかり。リピ確定!」などの感想がSNSに寄せられている。

そして先週、ショートバージョンが公開された「手紙」のミュージックビデオの、フルサイズがいよいよ公開。NHK朝の連続テレビ小説「まれ」や、現在公開中の映画「青空エール」の注目を集める葉山奨之と、女性誌「Ray」の専属モデルも務める松元絵里花が出演する「手紙」ミュージックビデオ。高校卒業後、地元の郵便局の配達員として働く彼(葉山)と、就職で東京に行く彼女(松元)の物語。手紙を書いたことがない彼が、遠距離の彼女に初めて手紙を……というストーリーだが、フルで観たい! というファンからの声が多数寄せられたことを受けて、フルサイズが公開されることとなった。YouTubeにミュージックビデオをフルサイズで公開するのは、MACOとしては初。「手紙」をテーマに制作されたセリフありのドラマシーンも見どころだ。

また、iTunes Store限定で、MACOがDREAMS COME TRUEの名曲「未来予想図II」のカバーを収録したことについて、DREAMS COME TRUEの中村正人が自身のブログ「DREAMS COME TRUE MASABLOG」にて“もうカバーなんて言う必要もありません。”という見出しで9月20日に取り上げ、話題となっている。

中村のブログを読んだMACOは、「鳥肌立ちまくり」と、感激の言葉を自身のツイッターに投稿している。

アルバム『love letter』をリリースしたMACOは、同作の発売記念インストアライブを9月22日にイオンモール福岡とイオンモール広島祇園、9月24日にラゾーナ川崎、9月25日にイオンモール岡山と阪急西宮ガーデンズで開催。そして、異例の1年に2回目となる全国ツアー『あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016』が、10月10日東京Zepp DiverCity公演よりスタートし、全国8都市で開催される。

MACO コメント
ついに私の2ndアルバム『love letter』が発売になりました。『love letter』を聴いて、皆様の頭の中に大切な人のことが思い浮かんだらうれしいです。好きな人を想うきっかけになれる曲が、一曲でもあったらいいなと思います。そして最後に、手紙を書いてみようかなって思ってもらえたら、私の今回のアルバムのゴールかな、と思います。自分自身に素直になり一曲一曲作ったので、とても思い入れのあるアルバムです。男女問わず、年齢問わず聴いて頂きたいです。MACOのラブソングをたくさん聴いてほしいです。

リリース情報
2016.09.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「手紙」

2016.09.21 ON SALE
ALBUM『love letter』

ライブ情報
あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016
10/10(月・祝)東京・Zepp DiverCity
10/15(土)新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
10/22(土)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
10/30(日)北海道・札幌 Zepp Sapporo
11/03(木・祝)宮城・仙台 PIT
11/13(日)大阪・Zepp Namba
11/23(水・祝)愛知・愛知芸術文化センター 大ホール
12/03(土)福岡・北九州芸術劇場 大ホール

DREAMS COME TRUE MASABLOG
http://dreamscometrue.com/masablog

MACO OFFICIAL WEBSITE
http://www.macoopc.com/

最終更新:9/21(水) 16:43

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]