ここから本文です

米倉涼子、泉ピン子と「いいぶつかり合いできそう」

日刊スポーツ 9月21日(水)8時6分配信

 テレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」(10月13日スタート、木曜午後9時)では、主演米倉涼子(41)に最強の敵、泉ピン子(69)が現れる。シリーズ第4弾で、ピン子は舞台となる東帝大病院副院長役。米倉演じる大門と意気投合してスカウトするが、やがて亀裂が走っていく。2人は実質初共演。05年にドラマ共演したことはあるが、同じシーンで芝居をするのは初めて。

【写真】米倉涼子結婚 恋多き女も40歳迎える前に

 米倉は「ピン子さんは勝手に怖い方かと思ってたんですが、お会いしたら話し上手で本当に楽しい。でも、役に入るとアクの強さと怖さをにじませて、すてきな敵を演じてくれる。これから3カ月、土俵上で相撲を取るような、いいぶつかり合いができそうです」。

 ピン子は「シリーズ第1弾からのファン。それに副院長ですから。同じ白衣でも、こないだまで(『渡る世間は鬼ばかり』で)ラーメンを運んでいたんですから(笑い)。初心にも戻って演じています」と話した。

最終更新:9月21日(水)10時11分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。