ここから本文です

豊洲の地下空間 歴代市場長全員知らず 理解しないまま決裁認める

スポニチアネックス 9月21日(水)7時1分配信

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策が議論された2007年以降の中央卸売市場長計5人が都の調査に対し「地下空間の存在を認識していなかった」などと説明していることが20日、都幹部への取材で分かった。担当部局のトップに重要事項が引き継がれていないことが明らかになり、都の管理態勢の不備が問われそうだ。

 都が07年5月に設置した有識者の「専門家会議」は08年7月、敷地全体に盛り土をする案を提言。しかし、都は09年7月から10年7月に、地下空間を利用した工法の採用を決めたとみられる。

 この時期に市場長だった岡田至氏は20日、共同通信の取材に応じ、建物下に盛り土を実施しないことを理解しないまま、土壌汚染対策工事の発注を決裁したことを明らかにした。「(問題発覚まで)盛り土がされてないとは認識していなかった。(決裁の)はんこを押しといてなんだと言われるが、そこまで確認してなかった」と釈明した。

 都は20日までに、過去の担当副知事や市場長らに対する聞き取りの大半を終えており、週内にも小池百合子知事に判明した経緯を報告する。

 都幹部によると、歴代の市場長は、いずれも都の調査に「豊洲の建物下が地下空間になっているとの報告はなかった。盛り土はされていると思っていた」などと話したという。

 豊洲の建設方針は、中央卸売市場の管理部新市場建設課の技術系職員が決めていたとみられ、11年6月には地下部分が空洞になった基本設計が完成した。歴代市場長が盛り土を実施しないことを認識しないまま計画が進んでいったことになる。

 技術系職員は、主に築地市場で業務をしており、岡田氏は「(都庁のある)新宿と築地の間で距離感があり、十分な連携ができていなかった」と振り返った。

最終更新:9月21日(水)7時1分

スポニチアネックス