ここから本文です

「歌劇ブラック・ジャック」好評で再公演 浜松・中区

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)9時24分配信

 手塚治虫の人気漫画「ブラック・ジャック」をオペラにアレンジした「歌劇ブラック・ジャック」(浜松市文化振興財団主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が18日、中区のアクトシティ浜松で上演された。

 2015年8月に市民も参加した「浜松市民オペラ」の初演が好評を得たため、今回振付師でもある長谷川寧さんが新たに演出を手掛け、オペラ歌手を中心に再度、公演することになった。

 音楽監督を務めた作曲家宮川彬良さんのピアノ演奏に合わせ、出演者が朗々と歌い上げた。舞台の背景には漫画のワンシーンが登場し、力強い踊りも披露した。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)10時6分

@S[アットエス] by 静岡新聞