ここから本文です

iPhone 7の「総務省指定」の文字に総務大臣が言及 スマホで画面表示できる制度を検討中

ねとらぼ 9/21(水) 13:30配信

 Appleのスマートフォン「iPhone 7/7 Plus」の国内向け端末に「総務省指定」の文字が刻印されている件について、9月20日に高市総務大臣が閣議後の記者会見で発言しました。電波法に従って表示しているもので「何ら問題のあるものではございません」としつつ、スマホの画面で表示できる制度が導入できないか現在検討中であると発表しました。

【総務省指定の文字】

 iPhone 7/7 Plusの背面には「総務省指定 MIC/KS」の文字が小さく刻印されています。これは同端末が新たに「Felica」という誘導式読み書き通信設備を搭載したからで、電波法に従って表記しているものになります。しかし従来のiPhoneになかった「総務省指定」が入っていることに、ネットでは「ダサい」「気にならない」と議論を呼んでいました。

 高市総務大臣は記者会見で、「総務省指定」をスマホ画面で表示できる制度を検討中と説明。記者から「かっこ悪い」などますます取沙汰されるのではと問われると、「これは電波法に従って必要な表示を行うもので、かっこ悪いと言われてしまうと、大変がっかりでございます」と苦笑して回答しました。「分かる場所に表示をしていただくことであればいいのかなと思いますが、画面に表示することも含めて、関係者の御意見も伺いながら検討させていただきます」(高市総務大臣)。

最終更新:9/21(水) 13:30

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革