ここから本文です

岡崎、3戦ぶり先発で2発もチェルシーに逆転負け

日刊スポーツ 9月21日(水)8時21分配信

<イングランド・リーグ杯:レスター2-4チェルシー>◇3回戦◇20日◇レスター

 レスターFW岡崎慎司が公式戦3試合ぶりに先発に名を連ね、2得点を挙げる活躍を見せたが、チームは延長戦の末、2-4でチェルシーに敗れた。

【写真】岡崎半年ぶり弾、欧州CLベンチ外「浮上きっかけ」

 岡崎は前半17分、右サイドからのFWムサのクロスにニアに走り込むと、ボールは頭上を越えたが相手DFケーヒルの胸でのクリアが甘く、相手GKがキャッチする前に頭で押し込み今季公式戦初ゴールで先制点を奪った。さらに34分、相手DFのクリアを拾ったMFキングのペナルティーエリア右への浮き球パスに走り込み、胸トラップから右足で強引に2点目を決め、後半30分に退いた。

 岡崎のゴールで2点のリードを奪ったレスターだったが、前半ロスタイムにCKからケーヒルにヘディングシュートを決められ、後半4分にはDFアスピリクエタに右足ボレーでミドルシュートをゴール右上に蹴り込まれ、同点に追いつかれた。試合は2-2のまま延長戦に入り、同前半2分、4分とMFセスクに立て続けにゴールを奪われ、2-4で逆転負けした。

最終更新:9月21日(水)10時2分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。