ここから本文です

カープ効果、地価も25年ぶりアップ 球場移転や再開発

朝日新聞デジタル 9月21日(水)10時35分配信

 20日公表の基準地価は、東名阪の3大都市圏に加え、広島など地方の主要都市の上昇が目立った。再開発計画が進む都市の中心部に投資が集中し、地価を押し上げる構図だ。

【写真】大阪府で最高価格だったグランフロント大阪(中央)。ヨドバシ梅田(左手前)周辺でも開発計画が出ている=15日、大阪市北区、朝日新聞社ヘリから、遠藤真梨撮影


■球場移転でファン往来

 JR大阪駅に隣接する複合施設グランフロント大阪に8月、米保険大手AIGグループの日本法人が東京に次ぐ第2の本社を開いた。大阪府内6カ所にあったグループ会社の一部も集約し、5フロアに1千人以上が働く。広報担当者は「駅に近い利便性は決め手の一つになった」と話す。

 最近、大手企業が拠点を集約したり、広げたりする際、移転先に都心の物件を選ぶ例が増えている。好業績を背景に、立地が良く高価格の物件でも出て行く余力が出てきたためだ。

 好調なオフィス需要は地価を押し上げる。大阪府で最も高いグランフロントの地点は典型例で、1平方メートル当たりの地価が1320万円と2年で約4割上昇。大阪市では訪日外国人の増加に合わせたホテル建設も相次ぎ、商業地の地価は8・0%上昇と全国の政令指定市でトップの上げ幅だった。

 地方の主要都市の地価上昇も目立つ。県全体で商業地が25年ぶりに上昇に転じた広島は、JR広島駅周辺の再開発が全体を押し上げた。駅南側に8月、中四国地域で最も高い197・5メートルのビルが完成するなど、計4棟の再開発ビルの完成時期が今年に集中する。

 2009年に広島東洋カープの本拠の球場が駅近くに移転してファンの往来が増えたことで、「目に見える形で人の流れができ、再開発を後押しした」と広島市の担当者は話す。駅北側でも再開発は進み、「利便性にひかれて郊外から移り住む高齢者も増えている」(大和ハウス工業の土谷勝・広島支社長)という。

 札幌や仙台、福岡の各市も中心市街地の再開発で、商業地はいずれも7%台の上昇だった。金沢市は北陸新幹線の開業効果が続き、ホテルや商業施設の建設が相次いでおり、商業地は5・7%上がった。

 不動産サービスJLLの大東雄人氏は「過熱感がある東京を避け、地方に投資資金が流れている」と指摘する。日本銀行のマイナス金利政策で市場の金利水準が下がったことで、金融機関や投資家は運用難にあえぐ。不動産は企業向け融資や債券投資と比べて利回りが見込めると、地方の拠点都市の人気が高まっているという。

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)10時35分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]