ここから本文です

10月1日、25区画分譲開始 いわき市の市街化調整区域開発

福島民報 9/21(水) 11:52配信

 福島県いわき市は10月1日に東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う宅地需要増に対応するため、市街化調整区域での一定規模の開発行為を可能とする地区計画制度を活用した宅地の分譲を開始する。清水敏男市長が20日に発表した。
 8月に造成を終えた平上荒川住宅団地が対象で、全55区画のうち25区画を分譲する。面積は約171平方メートルから約277平方メートル。10月15日まで募集する。個人から応募を受け付け、用途は一戸建て住宅に限定する。
 市は市内19地区で地区計画制度を活用して民間開発を誘導する。問い合わせは市都市計画課 電話0246(22)7511へ。

福島民報社

最終更新:9/21(水) 11:56

福島民報