ここから本文です

高島彩さんは“楽しく”、後藤久美子さんは“厳しく”育児!有名人の子育てをのぞき見

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月21日(水)19時35分配信

北川悠仁さんの妻、高島彩さんはリラックス育児。ジャン・アレジの妻、後藤久美子さんは飛び蹴り!?個性豊かな芸能人ママの子育てをチェック。

【詳細】他の写真はこちら

■高島彩さんの子育ては「楽しいのが第一」
先日、「タイムトリップミュージアム『明治神宮表参道ケヤキ並木の100年』」の発表会に出席したフリーアナウンサーの高島彩さんが、自身の子育てについて語りました。2歳の長女と3カ月の次女が「遊ぶように楽しく学ぶということをモットーにしていきたい」「楽しいという感情が第一」なのだそう。なるほど、 旦那さまである北川悠仁さんは4人きょうだいで育ったこともあって、厳しくしつけるというよりは、フラットな親子関係を築きつつ個性を伸ばしたいと考えている様子。もちろん、子育てのモットーは人それぞれ。芸能人の皆さんはどのような子育てを目標としているのでしょうか!?

■意外!後藤久美子さんは“がっつり”叱る育児
元F1ドライバーのジャン・アレジ氏と結婚した後藤久美子さんは、現在女の子1人、男の子2人のママ。たまにメディアに露出されますが、その美貌は本当にママなの?と疑うほどに健在。子育てのモットーより先に美容法を知りたいところですが、後藤さんの教育方針は「きちんと挨拶する。礼儀正しく人に迷惑をかけないこと」。日本人魂ゆえか何よりも礼儀作法に重きを置いているとだけあって「話終わっていないのに捨て台詞を吐いて去っていくのを、飛び蹴りで止めたこともありますよ(笑)」と、男の子ママらしく逞しい教育方針が垣間見える発言も。その成果か、3人のお子さんは皆コミュニケーションスキルに長け、好奇心旺盛で個性をしっかり持ったお子さんに育っているようです。ある女性誌のインタビューによれば「子どもたちって限界を知りたくてわざとやっている。可能性を知りたいんだと思う。だからやはり叱らない親というのは、私は賛成しない。子どもたちは、知りたいからどんどんエスカレートするわけで、野放しにしていると子どもたちも迷ってしまう」のだとか。「叱る育児でいい」といわれてどこかホッとするのは、著者だけではないはず。

■平野レミさんは美味しい料理…後は勝手にやってくれ~!?
そして最近、長男の唱さんが女優の上野樹里さんと結婚してまた話題の料理愛好家の平野レミさん。最近あるイベントで語ったところによれば、息子2人はタイプが全然違うそうで「長男のほうは遠足になるとその日になって『水筒がない』って泣くの。次男は1週間前から水筒に麦茶入れちゃう感じ」と、個性あふれるコメントで自由な子育てをアピール。
「いつも言ってるんだけど、高速道路で何の障害のないつるつるの道を1等賞でゴールするのも人生かもわからない。または下の道で、舗装がされてなくて田んぼに落っこちたりしながらゆっくり人生が終わることもあると思うけど、どっちがいいかなんてわからないじゃない。だから私は勝手にやれと思って何も言わなかった。ただ、ご飯だけは一生懸命作ってたわね」と、レミさん。「美味しい料理を食べて、あとは勝手にやってくれればいい」なんて、さすが料理家ならではの育児モットーですね。

子育てにおいて正解はなく、その方法も家庭によってさまざま。いずれの有名人ママたちから学べるのは、周囲や常識に惑わされず、自分なりの育児をまっとうする強さなのかもしれませんね。

最終更新:9月21日(水)19時55分

M-ON!Press(エムオンプレス)