ここから本文です

ロンドン中心部住宅価格、2019年までは上昇見込めず=サヴィルズ

ロイター 9月21日(水)10時11分配信

[ロンドン 21日 ロイター] - 英不動産業者サヴィルズ<SVS.L>は、ロンドン中心部の高級住宅地の住宅価格は今年9%下落し、2019年までは上昇は見込めないとの見方を示した。買い意欲は不動産税増税で既に冷え込んでいたが、英国の欧州連合(EU)離脱交渉を見極めたいと様子見ムードが広がっている。

サヴィルズによると、ナイツブリッジ、ベルグレイヴィア、メイフェアなどに代表されるロンドン中心部の高級住宅地の住宅価格は、ここ2年にわたって下落が続いている。高額不動産や、賃貸目的の物件、2戸目の住宅を対象に、不動産税が増税となったことが影響している。

さらにEU離脱が決まったことで、不動産を買い控える動きや、一段の値下がりを待つムードが広がり、需要が一層低迷しているという。

サヴィルズは、来年にも始まる英国のEU離脱交渉が一定の結論に達するまでの間は、価格上昇は見込まれないと指摘。2019年に価格が上昇するとすれば、上昇率は8%と予想。ただし、需要が上向くかどうかは、今後の税制や英EU離脱交渉の結果によるとの見方を示した。

最終更新:9月21日(水)10時11分

ロイター