ここから本文です

「チャイルドシートの適切な使用を」国土交通省と警察庁が注意喚起

レスポンス 9/21(水) 14:27配信

国土交通省と警察庁は、「秋の全国交通安全運動」の機会に、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用するよう自動車ユーザーに呼びかける活動を開始する。

[関連写真]

シートベルトやエアバッグは、交通事故時に自動車の乗員の被害を軽減する重要な安全装置だが、成人の体型を前提に設計されているため、体が小さい子どもには、適切に機能しないことや、被害を大きくするケースもあり、子どもを車に乗せる際、チャイルドシートを適切に使用する必要がある。

国交省では、警察庁とともに、「秋の全国交通安全運動」の機会を捉え、子どもを車に乗せる際、必ずチャイルドシートを使用することや、子どもは後部座席に乗せること、国の安全基準への適合が確認されたチャイルドシートを使用するよう訴求する。

これらを示したリーフレットをホームページに掲載するとともに、自動車ユーザーに配布されるよう関係機関・団体へ送付した。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:12/3(土) 16:48

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。