ここから本文です

【DeNA】ありがとう番長…敵将、チームメート、オーナーから「お疲れサマ」

スポーツ報知 9月21日(水)6時10分配信

 巨人高橋監督「フォームが変則で苦労したり、とにかく制球が良く、外の球がすごく遠く見えた。対戦も多く、敵ながら少しでも長くやってほしい気持ちはありました」

 DeNA高田繁GM「16日の阪神戦後、ホテルで私と球団社長、監督の3人がそろったところで、引退したいと申し出があった。大変悩んだり考えたり、いろんな人に相談して決断したと思うので、了承するしかなかった。チームにとって本当に大きな大きな柱を失うことで痛手だが、今後も力になってもらいたい」

 中畑清DeNA前監督「大輔、ご苦労さん。精神的な支柱としてよく頑張ってくれた。DeNAの監督になった私に初勝利をプレゼントしてくれたのが大輔だった。持ち前の気迫と制球力を支えたのは不断の努力。まだ次のステップがある。準備をして、その日に備えてほしい」

 元チームメート・佐々木主浩氏「かわいい後輩が引退してしまうのは寂しいが、ここまで長くプレーできたのは地道な鍛錬を続けてきたから。若い頃、暗くなるまでグラウンドを走っていたのを思い出す。努力の投手だった」

 DeNA山口(選手会長)「1年目から自主トレに連れていってもらい、野球以外にも勉強させてもらったこと、本当に感謝しています。今年はCSに出て、日本シリーズで優勝するチャンスもある。みんなで三浦さんを胴上げできるように頑張りたい」

 DeNA筒香「尊敬する先輩であり、偉大なる野球選手。打てなくて苦しんでいた時には投手目線でのアドバイスを頂いた。食事にもよく連れていってもらい、野球だけでなくお世話になった。一緒にプレーできたことを誇りに思うし、感謝しています。三浦さんのためにも、最高のシーズンにできるよう、ポストシーズンも最後まで頑張ります」

 DeNA山崎康「オフは自主トレに参加して、練習だけでない素晴らしい時間を過ごさせてもらった。まさに『生きた教科書』という存在で、本当に多くのことを勉強させてもらいました」

 阪神金本監督(プロ初本塁打は93年9月4日の横浜戦で三浦から)「つい最近、投げたばかりだから来年もやるものだと思っていた。初本塁打も三浦投手ですし、現役最後の打席もそうだった。まだまだ人生は先が長い。引退してから分かることもたくさんあるので、しっかり勉強してほしいし、休んでほしい」

 DeNA・南場智子オーナー「誰よりも練習熱心で模範になる選手だったと聞いています。その後ろ姿を見て若い選手も育ったことと思います。心から感謝しています。また、ファンの期待に応えようと諦めずに頑張る姿に私自身、感銘を受けました。これからも私たちとともに、ファンのため、横浜のため、野球界のため、力を発揮していただけたらと思います」

 DeNA・ラミレス監督「現役時代から非常にリスペクトしていた。長年の功績に感謝したい。監督として三浦選手兼コーチと過ごした日々の中で、彼のプロフェッショナルとしての姿が選手の模範となり、また、多くの人々のロールモデルであることを再確認した。今後も野球界の発展に尽力していただきたい」

最終更新:9月21日(水)6時11分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。