ここから本文です

国連大学前で「コーヒーフェス」 2日で70店舗、海外のロースターも出店 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月21日(水)13時12分配信

 国連大学(渋谷区神宮前5)中庭で開かれる「青山ファーマーズマーケット」内で9月24日・25日、「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016 autumn」が開催される。(シブヤ経済新聞)

 「生活に根付いた文化」としてコーヒーを発展させていくことを目的に、昨年9月に初開催し今回で4回目を迎える同イベント。毎回2日間で延べ約5万人(ファーマーズマーケットとの合算)が来場しているという。

 コーヒーショップを中心に延べ約70店舗が出店予定。コーヒーショップは、MOON mica takahashi(代々木5)など都内の店舗をはじめ、Cafe FUJINUMA(栃木県)、Yeti Fazenda COFFEE(滋賀県)、NAGASAWA COFFEE(岩手県)、Foret Coffee(長野県)、TRUNK COFFEE(名古屋市)、ヒロコーヒー(兵庫県)、AND COFFEE ROASTERS(熊本市)など国内各地から集まるほか、スウェーデンの「Stockholm Roast」、台湾の「Simple Kaffa」など海外のロースター5店舗も出店。好きなコーヒーの飲み比べができるチケット(約80ミリリットル5杯分、1,000円)も用意する。

 そのほか、ビーントゥーバー チョコレート専門店「Minimal」(富ヶ谷2)、バナナケーキを提供する「fato.」(練馬区)、パンケーキ店「Betty's pancake」(新宿区)、ブーランジェリー「キャニス・ミノール」(千葉県)、和三盆ブランド「HIYORI」(高松市)、カレーのキッチンカー「野毛山カレー食堂」(狛江市)などのフード店、書店、雑貨店も軒を連ねる。

 場内では、コーヒーの「サードウエーブ」を代表するロースターの一つ、米サンフランシスコ「Ritual Coffee Roasters」の創始者アイリーン・ハッシさんを招いたトークイベントなども予定する。

 開催時間は10時~17時。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月21日(水)13時12分

みんなの経済新聞ネットワーク