ここから本文です

【藤田菜七子】女性ジョッキー「3人対決」第3戦は9着

東スポWeb 9/21(水) 16:34配信

 21日、名古屋競馬でJRAの藤田菜七子(19=美浦・根本厩舎)、先月現役復帰した同競馬所属の宮下瞳(39)、木之前葵(23)による女性ジョッキー3人対決が3鞍組まれた。

 競演初戦となった8Rは、菜七子が3着、宮下が2着、木之前が8着。第2戦の10Rは、菜七子が3着、宮下が4着、木之前が7着。そして迎えた最終決戦の舞台はJRA交流競走の11R「名古屋チャレンジカップ・ヴェスタ賞」(ダート1400メートル=10頭立て)。

 菜七子は3番人気のカジノクイーンに騎乗し、7枠8番からスタート。終始3番手につけて第3コーナーへ。このあたりから脚色が衰え、9着に終わり、この日、6鞍目にして初めて掲示板を外した。宮下は5着で、木之前は7着だった。

 なお、菜七子の11Rまでの成績は3Rが5着、6Rが1着、8Rが3着、9Rが1着、10Rが3着。6Rと9Rはともに逃げ切りVだった。

最終更新:9/21(水) 18:54

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。