ここから本文です

国際赤十字、北朝鮮への支援で16億円要請 洪水被害

AFP=時事 9月21日(水)18時49分配信

【AFP=時事】国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は21日、洪水被害に見舞われた北朝鮮に対する1550万ドル(約16億円)の緊急支援を国際社会に要請した。IFRCは、緊急支援がなければ、貧困にあえぐ北朝鮮で「二次災害」が起こると警告している。

【関連写真】洪水被災地の北朝鮮北部の茂山郡

 国連(UN)は先週、集中豪雨により発生した大規模な洪水の影響で、北朝鮮北東部の村々が甚大な被害に見舞われ、これまでに少なくとも138人の死亡が確認され、400人近くが行方不明になっていると発表していた。

 国連によると支援を必要としている人の数は14万人に上るとされる。またIFRCは、住宅数万戸が全壊もしくは半壊しており、約7万人が家のない状況に置かれていると述べている。

 国際赤十字による北朝鮮派遣団の代表を務めるクリス・ステインズ(Chris Staines)氏は声明で「冬が近づいており、洪水による影響と、人々が現在直面しているリスクを合わせて考えると、今後数か月のうちにここ(北朝鮮)で二次災害が発生する恐れがある」と述べた。

 北朝鮮では冬の気温が氷点下30度まで下がることもある。1550万ドルの緊急支援は、7000世帯に石炭やテント、医薬品を配布するのに使われる。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月21日(水)20時52分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。