ここから本文です

京都の志津屋が「おはぎドーナツ」 お彼岸に合わせて発売、カロリーは控え目 /京都

みんなの経済新聞ネットワーク 9月21日(水)13時58分配信

 総務省統計局品目別ランキング2013~2015年平均のパンの購入金額と数量で全国1位になるなど「日本一パンを食べる」と言われる京都で、現在「おはぎドーナツ」が販売されている。(烏丸経済新聞)

おはぎドーナツの断面

 販売するのは京都市内を中心に展開するベーカリーの「志津屋」(京都市右京区)。お彼岸に食べられるおはぎにちなみ、おはぎを牛乳で仕込んだ生地で包んで揚げた「おはぎドーナツ」(190円)を今月18日から販売。1日約700個を製造している。1つ248キロカロリーで、ほかの菓子パンなどと比べて飛び抜けてカロリーが高いわけではないという。

 カロリーが高くならないのは「揚げる前に、生地で包んだおはぎを軽くオーブンで焼いているのでいるからでは」と製造担当者。おはぎは焼いても固くならないものを厳選したという。一つ一つ手作業でおはぎに生地を包むが、食感が残るように崩さず包むのが難しいという。

 同社担当者は「炭水化物に炭水化物で重たく感じるかもしれないが、意外と軽い食感に仕上がっている。期間限定なので一度試してもらえたら」と呼び掛ける。

 販売は今月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月21日(水)13時58分

みんなの経済新聞ネットワーク