ここから本文です

エアスピネル逆転の秋へ成長アピール/神戸新聞杯

日刊スポーツ 9月21日(水)9時26分配信

 良血兄弟が、同日Vを飾るか。日曜阪神5R新馬戦(芝1800メートル)で、秋華賞馬エアメサイアの子エアウィンザー(牡2、角居、父キングカメハメハ)がデビューする。同日メインの菊花賞TR神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)には、兄のエアスピネル(牡3、笹田)が出走。この血統を熟知し、兄弟に騎乗する“4000勝ジョッキー”武豊騎手(47)も、楽しみにしている。

 皐月賞、ダービーとも4着のエアスピネルが、春の雪辱へ始動する。夏は放牧に出され、心身ともに成長して帰ってきた。以前は気性面で幼さが目立ったが「徐々に大人になってきた。キ甲も抜けてきて、大人の体になりつつある」と笹田師は成長をアピール。4カ月ぶりだが走れる態勢も整っている。「先週の水曜に結構負荷をかけたので、素軽さが出てきた感じ」と力を出せる仕上がりだ。

 母エアメサイアは言わずもがな、笹田師が助手時代に携わったG1ホース。春は善戦に終わり、秋華賞でタイトルを手にした母同様、スピネルも秋こそ栄冠を手にしたい。「奥手は奥手の血統だからね。3冠レースに出られる馬として、どれかタイトルを取らせたい能力を持っている。成長して古馬になれば、G1をとれる力は持っていると思うよ」。

 1週前追い切りに乗った武豊騎手も、虎視眈々(たんたん)とチャンスをうかがう。「春はいいレースをしても上位が強かった。ラスト1冠に向けて、何とかいいレースをしたい。秋は逆転できれば」。デビューする弟とともに、勝利を目指す。

 ◆きょうだいの同日同場V 昨年は5例。メイン絡みでは11月1日京都で、8R(3歳500万、芝1600メートル)をネオスターダムが勝ち、メインのカシオペアS(オープン、芝1800メートル)をトーセンスターダムが勝利している。

最終更新:9月21日(水)9時26分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ