ここから本文です

ロッテ会長の聴取、18時間超に=背任容疑を否認―韓国

時事通信 9月21日(水)8時14分配信

 【ソウル時事】韓国ロッテグループの裏金疑惑をめぐり、ソウル中央地検の取り調べを受けていた創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩)氏(93)の次男でグループ会長の昭夫氏(同・辛東彬)氏(61)は21日未明、18時間以上に及ぶ聴取を終え、帰宅した。

 
 聯合ニュースによると、昭夫氏は、企業の合併・買収(M&A)過程で発生した多額の損失を系列企業に肩代わりさせた背任疑惑に関し、「当時の経営上の判断によるもので、背任の意図は全くない」と容疑を否認。系列社の裏金に関しても「存在をまったく知らなかった」と説明した。地検は逮捕状を請求するかどうかについて、慎重に検討しているという。 

最終更新:9月21日(水)10時4分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。