ここから本文です

あいにゃん、まさかのW主演にプレッシャーも「なんとかなるでしょう♪」

サンケイスポーツ 9月21日(水)7時0分配信

 元NMB48で吉本新喜劇の福本愛菜(23)が20日、大阪市内で行われた初主演舞台「のぶなが」(11月11~14日、大阪・近鉄アート館)の製作発表に出席した。

 関西小劇場を代表する劇団そとばこまちと吉本興業のコラボ第1弾。福本は織田信長から天下統一の夢を託された正室・濃姫と、その女中だったお夏の2役を同劇団員の南園みちな(31)と日替わりで演じる。

 「まさかまさかのW主演! ちゃんとした舞台に立ったことがないんで不安とプレッシャーが大きい」とあいにゃん。それでも「新喜劇はざっくりした感じで、セリフも100%覚えたことがない。なんとかなるでしょう♪」と楽観的だった。

最終更新:9月21日(水)7時0分

サンケイスポーツ