ここから本文です

首相、人道支援基金に1億ドル拠出表明 難民サミットで

朝日新聞デジタル 9月21日(水)11時16分配信

 訪米中の安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日午前)、ニューヨークで開かれたオバマ米大統領主催の難民サミットに出席し、米国主導で世界銀行に設けられる人道支援の基金に1億ドル(約100億円)を拠出する方針を明らかにした。

 首相はシリア人留学生を今後5年間で最大150人受け入れる計画を来年から実施する意向も示した。「留学生が家族の同伴や呼び寄せを希望すれば、わが国の制度の枠組みで温かく迎える」と表明した。

 首相はこれとは別に、今後3年間で28億ドル(約2800億円)規模の難民支援を進めることを表明済み。この日のスピーチでは、1年目の今年は難民ら約100万人を対象に、国際機関を通じて教育支援や職業訓練などの人材育成に取り組む考えを明らかにした。(ニューヨーク=小林豪)

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)11時16分

朝日新聞デジタル