ここから本文です

ツクバアズマオー、2強の隙突く/オールカマー

日刊スポーツ 9月21日(水)9時26分配信

 グランプリホース2頭の激突に注目が集まるオールカマー(G2、芝2200メートル、25日=中山、1着馬に天皇賞・秋優先出走権)だが、どちらも休み明け。その隙を突くツクバアズマオー(牡5、尾形充)は侮れない。

 今年4月に今回と同じ中山2200メートルの湾岸Sを快勝し、オープン入りした。その後、函館、札幌で3戦して<3><3><4>と好走。特に2走前の函館記念は前残りの展開をメンバー中2位タイの上がりで追い上げ、重賞通用の力を示した。師は「よく頑張っていたよね。美浦に戻ってからも元気いっぱい。中山は実績があるし、道悪もうまい。それに他は休み明けの馬が多いから」と話す。年内はここが最終戦の予定で全力投球の一戦。夏場を使われてきた強みを生かし、上位食い込みを狙う。

最終更新:9月21日(水)10時29分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ