ここから本文です

YOSHIKIカーネギーに立つ!来年コンサートへ「生きていてよかった」

サンケイスポーツ 9月21日(水)7時0分配信

 X JAPANのリーダー、YOSHIKIが東京フィルハーモニー交響楽団とタッグを組み、来年1月12、13日に米クラシックの殿堂・ニューヨークのカーネギーホールでコンサートを行うことが20日、分かった。

 2年ぶりのソロワールドツアーの一環で、12月から4都市7公演を回るツアーの目玉公演として実現。YOSHIKIはNYで19日(日本時間20日)、同ホールを視察。サンケイスポーツの取材に、約20年前にホール隣のビルの39階に住んでいたことを明かし、「本当に光栄で感慨深い」と喜んだ。

 同ホールは125年の歴史を持つ米クラシックの殿堂。2014年にはX JAPANとしてロックの殿堂、NYのマディソン・スクエア・ガーデンで公演しており、これでアジア人初の米2大音楽の殿堂を制覇する形だ。「生きていてよかった。努力すれば必ず良いことがある」と感無量の表情をみせた。

 当日は47人のオーケストラを従え、ソロの新曲を初披露するプランも。最近も毎日3時間ピアノの練習を重ねており、「多くの人がクラシックに興味を持つきっかけになれば。民謡や国歌を演奏するなど、日本のにおいを感じるような内容にしたい」と宣言した。

 12年にゴールデン・グローブ賞のテーマ曲を作曲するなど世界を舞台に活躍するYOSHIKIが、新たな一歩を記す。

最終更新:9月21日(水)8時11分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。