ここから本文です

韓国・慶州付近でM3.5余震 気象庁「今後も注意を」

聯合ニュース 9/21(水) 12:29配信

【ソウル聯合ニュース】21日午前11時53分ごろ、韓国南東部・慶州の南南西10キロ地域でマグニチュード(M)3.5の余震が発生した。気象庁が発表した。

 12日のM5.8の地震から続いている余震とみられる。

 気象庁関係者は「今回の余震による被害を把握している。今後も余震が発生する可能性がある」として、注意を呼びかけた。 

最終更新:9/21(水) 13:52

聯合ニュース