ここから本文です

高浜原発のテロ対策施設、「適合」の審査書決定 規制委

朝日新聞デジタル 9月21日(水)11時24分配信

 原子力規制委員会は21日、関西電力が高浜原発3、4号機(福井県)に設けるテロ対策施設が新規制基準に適合すると認める審査書を正式決定した。テロ対策施設の適合認可は初めて。関電は、設置の猶予期限である2020年までに建設する方針で、建設費は1257億円を見込む。

 テロ対策施設は、新基準で新たに設置が義務づけられた「特定重大事故等対処施設」。意図的な航空機衝突などで中央制御室が壊れても、遠隔操作で原子炉を冷却できる機能を持つ。

 また、規制委はこの日、京都大の研究用原子炉(大阪府熊取町、熱出力5千キロワット)についても、審査書を正式決定した。京大は来年1月の運転再開を目指している。もう1基(同100ワット)は、今年5月に審査書が正式決定され、12月の運転再開を目指している。

朝日新聞社

最終更新:9月21日(水)11時24分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。