ここから本文です

<首相>ウクライナ大統領と会談 警察用防寒着の提供を表明

毎日新聞 9月21日(水)11時26分配信

 【ニューヨーク高本耕太】安倍晋三首相は20日午前(日本時間20日深夜)、ウクライナのポロシェンコ大統領と国連本部で会談した。国内改革を後押しするため、既に表明済みの18.5億ドル(約1900億円)規模の経済支援の一環として、警察用防寒着約9000着の提供を表明した。交通・物流インフラ改善のため人材支援を行う考えも伝えた。

 首相はウクライナ東部の紛争を巡り、同国と、対立するロシアの双方が昨年2月に行った停戦合意(ミンスク合意)の「完全履行が必要」との立場を改めて強調。「国内改革が重要だ」との認識も示した。ポロシェンコ氏は日本の支援継続に対して「謝意を申し上げたい」と述べた。

 首相は同日、パキスタンのシャリフ首相とも国連本部で会談し、テロ対策や北朝鮮情勢について意見を交わした。

最終更新:9月21日(水)11時26分

毎日新聞