ここから本文です

子供・高齢者の事故防げ 秋の交通安全運動スタート

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)17時15分配信

 「子供と高齢者の交通事故防止」を基本方針に掲げた秋の全国交通安全運動が21日、スタートした。静岡県内では台風16号の影響で出陣式などの関連行事を事前に中止する動きが相次いだが、一部自治体では朝から街頭広報活動が行われた。30日まで。

 三島市役所前では三島署員や市職員、交通安全団体のメンバーら約150人が、のぼり旗を手に通勤者らに安全運転を呼び掛けた。同署の堀場靖史副署長らが停止中のドライバーに啓発品を手渡し、早めのライト点灯や交差点進入時の周辺の確認徹底を訴えた。

 県警交通企画課によると、今年8月末時点の県内の交通事故死者数は81人。前年同期に比べて17人少ないが、高齢者が6割強を占めた。年末にかけて日没前後の事故が多発する懸念があるとして、啓発や指導に力を入れる。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)17時15分

@S[アットエス] by 静岡新聞