ここから本文です

前場の日経平均は続落、日銀の会合結果控え様子見

ロイター 9月21日(水)11時42分配信

[東京 21日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比80円18銭安の1万6411円97銭と続落した。円高に対する警戒感から電機や自動車など輸出株が売られたほか、銀行や保険など金融株の一角も軟調に推移し、指数の重しとなった。もっとも昼過ぎに発表されるとみられる日銀金融政策決定会合の結果を前に様子見姿勢も強く、前場の東証1部の売買代金は8349億円にとどまった。

日経平均は1万6400円台前半を中心にもみ合う展開となり、方向感は乏しかったが、市場では目先の変動を懸念する声も出ている。みずほ証券・投資情報部長の倉持靖彦氏は「日米の金融政策決定を受けたボラティリティの上昇が警戒される。日経平均の短・中・長期の移動平均線が収れんしている反動から動いた時には値幅も出やすい」とみていた。

東証1部の騰落数は、値上がり674銘柄に対し、値下がりが1127銘柄、変わらずが176銘柄だった。

最終更新:9月21日(水)11時42分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]