ここから本文です

福原愛さん、夫婦そろって結婚会見 新妻は着物姿

朝日新聞デジタル 9月21日(水)11時36分配信

 リオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛さん(27)=ANA=が、今月初めに結婚した夫で、同じく卓球のリオ五輪台湾代表の江宏傑(こうこうけつ)さん(27)と21日、東京都内でそろって記者会見した。

【写真】結婚報告をする福原愛さんと夫の江宏傑さん=21日午前11時4分、東京都港区、竹花徹朗撮影

 福原さんは花の模様があしらわれた着物姿、江さんは濃紺のスーツに身を包み登壇。2人を結びつけた卓球のボールをモチーフとしたという結婚指輪を笑顔で披露した。

 福原さんは、「小さいころから日本中のみなさまに応援していただき、今日の日を迎えられた。感謝の気持ちでいっぱいです」と話した後、江さんについて、「どんなささいなことでも相談にのってくれ、どんなときも変わらず応援してくれる人」と紹介。江さんも、緊張の面持ちで「愛さんは、一緒にいると、いつも温かく、大きな気持ちで包んでくれる」と応じた。

 年末に台湾で挙式予定。ともに現役を続ける。公式な結婚の報告が遅れたことについて福原さんは、「一選手として、パラリンピックが終わってからという気持ちがあった」と明かした。2人は22日、台湾でも記者会見を開く。

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)13時57分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。