ここから本文です

モバイルバッテリーのAnker、家電ブランド立ち上げ! ロボット掃除機などを発表

アスキー 9月21日(水)15時30分配信

モバイルバッテリーでおなじみのAnkerが国内では初となる製品発表会を開催。白物家電のブランドとして「eufy」を立ち上げ。ロボット掃除機にLEDデスクライト、超音波加湿器を発表した。
 モバイルバッテリーやUSB ACアダプターなど、コストパフォーマンスに優れたモバイル周辺機器のネット販売で国内でも存在感を持つAnker。そのAnkerが家電ブランド「eufy」の立ち上げを発表。日本法人であるアンカー・ジャパンが都内で記者説明会を開催した。
 

ロボット掃除機は最大200分の連続稼働が特徴
4980円の超音波加湿器も
 今回発表されたのはロボット掃除機「Eufy Robovac 20」、LEDデスクライト「Eufy Lumos」、超音波加湿器「Eufy Humos Air」の3製品。
 
 まず、Eufy Robovac 20は、現在競争が激しい丸型の自動掃除機。Ankerとしては今年6月にRobovac 10をリリースしたばかりなので、早くも2世代目のモデルということになる。2万9800円というロボット掃除機としては最安クラスのシンプルなモデルながら、8cmという薄さでベットの下なども掃除可能なほか、超音波センサーでルートを検知、落下感知センサーで階段からの落下を防ぐ。
 
 さらに6700mAhという大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載。最大200分の連続稼働に対応し、100m2のマンションでも1回の充電で全体を清掃可能とアピールする。発売日は10月5日。
 
 続いて、LEDデスクライトのEufy Lumosは、Lumos E1/A4の2モデル。上位のLumos E1は、5段階のカラー調整と6段階の照度調整に対応。スタンド部分とLEDパネルを自由に動かして調整できるほか、背面に2つのUSBポートを搭載。Anker製品らしく、接続しただけで機器に合わせた充電を行なうPowerIQ技術に対応し、1ポートあたり最大2.4A(2ポート計3A)の給電が可能だ。一方、Lumos A4は4色のカラーと5段階の照度設定で、USBポートは省略されている。
 
 Lumos E1は11月上旬の発売予定で5980円、Lumos A4は10月5日で3480円。
 
 超音波加湿機の「Eufy Humos Air」は、3段階のミストレベルに加え、360度可動のノズルで吹き出し方向を選択可能。さらに38dbという静かな動作音、4Lの大容量タンクで26時間の連続使用、1~8時間のタイマー動作などの特徴を持つ。オイルディフューザーとしての利用にも対応している。11月上旬の発売予定で、価格は4980円。
 
創業は2009年 現時点ではモバイル周辺機器が中心で
モバイルバッテリーの販売台数は1500万台を突破
 モバイルバッテリーではすでにおなじみのAnkerとは言え、メディア向けに国内で説明会を開催するのは実質的に初ということで、まずは会社の紹介から行なわれた。Ankerは元グーグル社員の数人のグループで創業。ノートPCの交換バッテリーを購入しようとした際、純正品は信頼性が高いが高価、互換品はその反対と、中間の位置の製品がないことに気づいたのが創業のきっかけという。
 
 その創業は2009年で、販売したモバイルバッテリーはすでに1500万台を突破。先進国を中心に世界40ヵ国以上で販売しており、売上は2015年に3億ドル、2016年は5億ドルに達する予定。拠点は本社がある中国・長沙のほか、深セン、東京、シアトル、サンタクララの5ヵ所。製品の製造には中国のOEMメーカーを活用する、ファブレスモデルを採用する。
 
 また説明会の最後には、AmazonのAIアシスタント「Alexa」と連携した製品の2017年リリースも公表された。Alexaとの連携となると音声入力による操作などが想像できるが、アンカー・ジャパン代表取締役の井戸義経氏は自社について「リアリスト」と表現。単に先進技術への対応を披露するだけではない、ユーザーの生活を向上させることを目的とした製品のリリースを示唆した。
 
 
文● オカモト/ASCII編集部

最終更新:9月21日(水)21時39分

アスキー