ここから本文です

<独メルケル首相>「やり直したい」難民政策の誤り認める

毎日新聞 9月21日(水)11時35分配信

 【ベルリン中西啓介】ドイツのメルケル首相は19日、昨夏以降の難民流入による混乱を招いた自らの難民政策について、「できることなら何年も時計の針を戻し、準備不足だった昨夏以降の出来事をやり直したい」と述べ、初めて難民政策での誤りを認めた。

 メルケル氏率いる与党キリスト教民主同盟(CDU)は18日のベルリン市議会選で議席を減らすなど、地方選での敗北が続いている。メルケル氏はこれまで「難民問題での政策判断は正しかった」と主張してきたが、与党内の保守派から不満が噴出していた。メルケル氏は来年秋の総選挙への影響を最小限に抑えるため、歩み寄る姿勢を示した。

最終更新:9月21日(水)11時45分

毎日新聞