ここから本文です

トランプ氏長男、シリア難民を毒入りキャンディーに例え騒ぎに

ロイター 9月21日(水)11時59分配信

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・ トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏が19日、米国へのシリア難民受け入れを毒入りキャンディーを食べることに例えたメッセージをツイッターに投稿し、騒ぎとなった。

ドナルド・トランプ候補は、シリア難民の受け入れに反対の立場、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は一部の受け入れを支持している。

ドナルド・トランプ・ジュニア氏は、フルーツ味のカラフルなキャンディー「スキットルズ」の写真を付けて、「私がボウル一杯のスキットルズを持ち、この中の3粒があなたを殺すと言ったら、あなたは一握り分取るだろうか。これが、私たちのシリア難民問題だ」と投稿した。

子会社がスキットルズを製造する食品メーカー大手マースの広報担当は、同氏の比喩は適当ではないとした上で、「スキットルズはキャンディだ。難民は人間だ」と述べた。

クリントン氏の陣営や多くのツイッター利用者は、ドナルド・トランプ・ジュニア氏のツイートに反撃。クリントン氏の報道官は19日、「私の祖父がこの国に入国を許され、毒入りのスキットルズに比較されなかったことに感謝する」と投稿。また、あるツイッターユーザーは、「トランプ氏が大統領のもとで1日でも生きるより、一握りのスキットルズを食べて死ぬほうがまし」だと投稿した。

最終更新:9月21日(水)12時28分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。