ここから本文です

ARM、リアルタイムプロセッサを新開発---高度な機能安全、自動運転車など

レスポンス 9/21(水) 17:32配信

ARMは、自律走行車や医療/産業用ロボット向け高度な安全機能を備えたリアルタイムプロセッサ「ARM コアテックス-R52」を発表した。

新開発プロセッサは、システムの機能安全が車載用機器市場で最も厳しい安全規格であるISO26262 ASIL Dに適合するよう設計。

コアテックス-R52は、効率性と迅速な反応に加え、高度な安全機能が求められるシステムに最適化、安全管理や車載パワートレイン制御など多様なアプリケーションに対応する。

コアテックス-R52では、ハードウェアによるソフトウェアタスクの分離機能によって安全最優先のコードが完全に分離される。このため、ハードウェアは、実行監視とタスクのリソース管理を行うソフトウェアハイパーバイザによって管理される。

ソフトウェアの正確で堅牢な分離により、コアテックス-R52は、安全認証を必要とするコード量を減らし、ソフトウェアの統合、メンテナンス、検証を容易にすることで開発をスピードをアップする。また、ソフトウェアの複雑化を抑え、リアルタイムシステムが求める確定性と高速コンテキストスイッチも提供する。

STマイクロエレクトロニクスは、車載市場向けに高度に統合したSoC(システム・オン・チップ)を開発するため、ARMパートナーの中で最初にこの高性能プロセッサのライセンスを取得した。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/21(水) 17:32

レスポンス