ここから本文です

<J2清水>枝村負傷、代役は村田 昇格へ正念場

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月21日(水)17時38分配信

 J2で4位の清水は25日に2位松本、10月2日に3位C大阪とそれぞれ敵地で対戦する。前節18日の水戸戦で攻撃の柱だった右MF枝村が右大腿(だいたい)肉離れで離脱。苦しいチーム事情でJ1昇格への正念場を迎えるが、小林監督は枝村の代役にMF村田を指名した。

 試合前はメンバーを公表しない小林監督が、松本戦を前に「村田でいけばいい」と言い切った。枝村の離脱で、大前の先発復帰などさまざまなプランも考えられるが、指揮官は村田を右MFに据える方針を固めた。

 外側から鋭いドリブルで切れ込む村田。絶妙な位置取りで攻撃全体の潤滑油となっていた枝村のプレースタイルとは対照的だが、小林監督に不安はない。「(右サイドバックの)六平は応用が利くし、(右ボランチに)河井もいる」と周囲のサポートで村田を生かすことを期待する。

 村田は「大事な試合で自分にチャンスが巡ってきた。こういう時に最大限の力を発揮するためにやってきた」と話す。2014年は切り札として清水のJ1残留に導いたが、昨季は2度の右大腿肉離れで長期離脱。J2に降格する瞬間をスタンドから無念の思いで見つめた。

 村田が松本戦で先発すれば、6月4日の水戸戦以来16試合ぶり。最近は途中出場が続くが、小林監督は「バテたら交代すればいい。最高のパフォーマンスをどこで見せるかが鍵」と村田の先発起用で上位チームとの対戦に“先手必勝”のメッセージを込める。

静岡新聞社

最終更新:9月21日(水)17時38分

@S[アットエス] by 静岡新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。