ここから本文です

パリ協定、迅速に批准=安倍首相が国連総長に伝達

時事通信 9月21日(水)9時58分配信

 【ニューヨーク時事】安倍晋三首相は20日午後(日本時間21日午前)、潘基文国連事務総長と国連本部で会談した。

 2020年以降の地球温暖化対策の新たな国際枠組み「パリ協定」について、潘氏は「可及的速やかな締結を期待している」と早期批准を要請。首相は「迅速な締結に全力を尽くす」と応じた。日本政府は26日召集の臨時国会に協定案を提出し、早期承認を目指す。

 5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では、パリ協定の年内発効を目指すことを盛り込んだ首脳宣言を採択。温室効果ガスの二大排出国の米中両国が今月に批准したことを踏まえ、日本も手続きを急ぐ考えだ。 

最終更新:9月21日(水)11時5分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。