ここから本文です

JR東日本、山田線海岸部の工事状況を発表…震災で運休中

レスポンス 9月21日(水)17時45分配信

JR東日本の盛岡支社は9月21日、運休中の山田線宮古(岩手県宮古市)~釜石(釜石市)間について、復旧工事の進ちょく状況を発表した。三陸鉄道が列車の運行を引き継ぎ、2018年度内の再開を目指す。

[関連写真]

山田線は、盛岡駅(盛岡市)から山岳地帯を東に進み、宮古駅からは太平洋岸(三陸海岸)に沿って釜石駅に至る全長157.5kmの路線。このうち海岸区間の宮古~釜石間55.4kmは、2011年3月に発生した東日本大震災の津波で線路が流失するなど多大な被害が発生した。現在は岩手県北自動車と岩手県交通の路線バスによる振替輸送が行われている。

山田線全体の1日平均の通過人員(旅客輸送密度)は、JR東日本発足時の1987年度が1119人で、このうち宮古~釜石間は1719人だった。しかし、過疎化の進行に伴い利用者が減少。2010年度は全体で377人、宮古~釜石間は693人まで落ち込んだ。

こうしたことからJR東日本は当初、バス高速輸送システム(BRT)による仮復旧の方針を示していたが、沿線自治体が反発。最終的には宮古・釜石両駅で接続している三陸鉄道が列車の運行を引き継ぐことを条件に復旧が決まった。

発表によると、宮古市内の法の脇地区では盛土と路盤の復旧作業が進んでいる。山田町内では関口川橋りょうの劣化したマクラギの一部を交換し、北浜地区では砕石(バラスト)やマクラギの配置、レールの敷設が行われている。

大槌町内の大槌川橋りょうは倒壊した橋台や橋脚の復旧が進行中。釜石市内の鵜住居片岸地区では盛土が復旧した。

盛岡支社は引き続き海岸区間の復旧工事を進め、2018年度内の再開を目指して工事を進める方針だ。このほか、山岳区間の上米内~川内~茂市間が2015年12月と今年8月の災害で運休中。このうち上米内~川内間は2017年10~12月頃の再開が予定されている。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9月21日(水)17時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]