ここから本文です

北北海道最大の食の祭典を開催=北海道旭川市〔地域〕

時事通信 9月21日(水)10時47分配信

 北海道旭川市で17~19日、北北海道最大の食の祭典「北の恵み 食べマルシェ2016」が開催された。初日は小雨の降るあいにくの天候となったが、2日目から好天に恵まれ、3日間で約103万5000人が秋の味覚を堪能した。

 JR旭川駅前広場から市内中心部の買物公園を経て常磐公園に至る1.7キロメートルほどの会場には、331店舗が軒を並べ、来場者を楽しませた。

 2010年の初開催から7回目となる今回は、親子連れの客らに、木を材料にカスタネットなどを作る木工体験に親しんでもらおうと、「クラフト広場」を新設。板に並んだ金属棒をはじいて演奏するアフリカの楽器「カリンバ」作りに挑戦した、滝川市から訪れた小学1年の桔梗詩子ちゃんは「楽しかった。またやりたい」と笑顔で語り、作り終えたばかりのカリンバをうれしそうに鳴らした。 

最終更新:9月21日(水)12時19分

時事通信