ここから本文です

家入レオ、初の全国ホールツアー開幕「この時間がずーっと永遠に続けばいいな」

音楽ナタリー 9/21(水) 14:10配信

家入レオが9月17日に初の全国ホールツアー「5th Live Tour 2016 ~WE | ME~」の初日公演を埼玉・三郷市文化会館 大ホールで開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このツアーは家入が7月に発売した最新アルバム「WE」を携えて行っているもの。初日公演の序盤、家入は「Brand New Tomorrow」など3曲を続けて披露し大きな拍手と歓声を浴びる。「ようこそー! 会いたかったー! 自己最多の20公演、今日この三郷から12月の東京国際フォーラムまで回っていきますが、まずはこうして無事に初日を迎えられたこと、うれしく思います。ありがとう!」と感謝したあと、彼女は「君がくれた夏」「Silly」を切なくしっとりと歌唱した。

「みんなアルバム『WE』聞いてきてくれましたかー?」と観客に尋ねた家入は、「今回のアルバムはスタッフさんやアレンジャーさん、ミュージシャンの方々、何よりも会場に来てくれているみんなからいろんなエッセンスをもらって作った1枚です。みんながいてくれたから作れたアルバムなのでこのタイトルにしました。今日はそんなアルバムに込めた思いをたくさん持って帰ってもらえたらと思います」と思いを語る。その後ライブは「WE」収録曲を中心に構成されたブロックへ。タイトルチューン「we」で家入はエレピの弾き語りを披露してファンを沸かせた。

ライブ後半で家入は「サブリナ」「Shine」などを飛んだり跳ねたりと開放的なパフォーマンスで畳み掛け、会場のボルテージを最高潮に。最後に彼女は「この時間がずーっと永遠に続けばいいなと思うんですけれども、次が最後の曲です。今抱えてる悩みとか、苦しみとか人生で絶対意味のないことなんてない。いつか絶対輝く日々につながっていく。そう信じてこの曲を届けたいと思います」と述べ、「Every Single Day」を力強く歌い上げた。

なお「5th Live Tour 2016 ~WE | ME~」の会場では、「WE」のLPサイズジャケット仕様を限定販売中。また会場で「WE」のツアー会場限定盤、初回限定盤、通常盤を購入すると、先着でスペシャルグッズが当たる抽選会に参加できる。

家入レオ「5th Live Tour 2016 ~WE | ME~」(※終了分は割愛)
2016年9月21日(水)新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
2016年9月24日(土)兵庫県 たつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホール 大ホール
2016年9月25日(日)広島県 JMSアステールプラザ
2016年9月30日(金)北海道 幕別町百年記念ホール
2016年10月1日(土)北海道 札幌市教育文化会館 大ホール
2016年10月8日(土)宮城県 イズミティ21 大ホール
2016年10月10日(月・祝)神奈川県 秦野市文化会館 大ホール
2016年10月16日(日)千葉県 君津市民文化ホール
2016年10月18日(火)長野県 駒ヶ根市文化会館
2016年10月22日(土)島根県 出雲市民会館
2016年10月29日(土)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2016年10月30日(日)静岡県 焼津文化会館 大ホール
2016年11月3日(木・祝)和歌山県 紀南文化会館
2016年11月4日(金)滋賀県 守山市民ホール
2016年11月6日(日)大阪府 大阪国際会議場 メインホール
2016年11月12日(土)岡山県 倉敷市芸文館
2016年11月13日(日)山口県 周南市文化会館
2016年11月19日(土)福岡県 福岡サンパレスホテル&ホール
2016年12月10日(土)東京都 東京国際フォーラム ホールA

最終更新:9/21(水) 14:10

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]