ここから本文です

Jリーグ1ステージ制議論 またもサポーターは蚊帳の外

東スポWeb 9月21日(水)16時45分配信

【サッカー情報局】

 サッカー担当記者:Jリーグは20日の理事会で、来季から1シーズン制に戻すことについて議論しました。Jリーグの村井満チェアマン(57)によれば、ほかにも配分金や大会賞金、外国人枠の見直しなどを話し合ったそうです。

 デスク:放映権などで英パフォーム・グループと10年間で2100億円の大型契約を結んだよな。豊富な資金があるからって実施2年目の2ステージ制をあきらめるのは早くないか。サポーターの反発を強引に押し切ってまで導入したのに。

 記者:村井チェアマンは「リーグのあるべき姿を求めていく」と強調しています。今回の放映権契約は別にして、Jリーグは11月3日に最終節を迎えますが、来季開幕まで4か月間も試合をしないチームも出てきます。そうした日程問題も考慮し、検討していますね。来季に導入するかは10月の理事会で方向性を決めるそうです。

 デスク:しかし、シーズン制を戻すと、チャンピオンシップもなくなるってことだろ? 久しぶりに地上波のゴールデンタイムに放送されて視聴率が10%を超える試合もあった。成果も出ていたのに逆行していないか。

 記者:そうなんですよね。もったいないと思うのですが、村井チェアマンはすでにスポンサーや広告代理店の理解を取りつけたそうですよ。

 デスク:議論しているっていうけど、またまたファンを無視して、1ステージ制に戻す気満々じゃないか。

最終更新:9月21日(水)16時45分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。